2014年05月22日

石とまだ必然的な関係がないようですwww.purado-supakopi.coブランド通販店

“《罪の星の壊滅する謎》ですか?オーウェン教授、あなたの学生はその他の題材を試みるべきです。”
  オーウェンは李教授に向ってしようがなく笑いますと、今の学生の心が大きすぎると心の中で考えます。今回の配置し続ける論文、5編ありますのは。
  罪の星の絶滅する謎、各国の考古学界の数千年のすべて解くことができなかった謎で、たとえ考古学の最大の分からない謎ではないとしても、きっと中の一つもです。そのため、で、誰(で)もすべて解きたくて、それから名誉と利益の両者を得ます。
  残念なのは、永遠にすべて珍しく思い慕ってとても考えるのに欠けていないで、残念ながらこれまですべて力強い論証に不足します。これ数千年来、本当にテーブルの上のに並べていけて、実はやはり(それとも)急性伝染病は戦争と絶滅して主流の思想を議論するのを議論しますブラドコピー
  考古学界と歴史学界にありますが、これは1つのぼろぼろになる落ちる題材です。しかしオーウェンは学生の担当する気持ちに対してに基づいてやはり(それとも)強く精神が起きてから閲覧し続けます。やはり彼を出ないで推測して、あるもの全くでたらめで、あるもの基本的に一回の主流の思想を繰り返したようです。
  彼が閲覧して《知能戦争―罪の星が真相に壊滅する》に着く時、精神は一振して、ついに目の見るもの聞くものがすべて新鮮なものをさせたのを出す人がいました。オーウェンはかすかにかすかに主流の論点の中の知能戦争の派で埋没(溺れ)させるのを思い出して、深い眠りのこの学生はこの論点を選んで本当に残念に思います。
  、を考えていながら、、オーウェンの顔色を閲覧し続けて楽にと残念ながらだんだんのが厳粛になって、から思索する色をあらわします。閲覧し終わって、この論文をおろして、彼はつけて本革の椅子上で座り込んで、熟考に陥りました。
  “星は1233年経過して、柔西連邦のPYA星の地域が罪の星を発見する時期の‘明日号’の宇宙船、罪の星の座標はEEEです。両地は急激に1億がつやがある中に上回るまで、罪の星の時期の科学技術、宇宙船いずれにしてもすべてでPYA出現にあります。宇宙船の跡、釈明して予想外になる人がいて、その年移住する先祖式の予想外。しかし科学は厳格でであるべきで、意外に偶然で、偶然永遠にすべて決定的の根拠になることはできません。”
  “資料は表示して、‘明日号’はとそれから発見する‘未来号’などの宇宙船の中にすべてロボットが存在しません。先人は帰って星の時、罪の星の地表の荒涼としていて、よくあるロボットの残骸に罪をなすりつけます。罪の星の時期に証明して、ロボットは少なくとも熟してい大規模使うことができて、この前提条件の下に‘明日号’はなんとロボットがありません。すべての資料はすべてひとつの指して長年の真相を軽視させられます――知能機械的な戦争は罪の星の本当に原因に壊滅するのですルイヴィトンコピー。”
  “私達の生活した時代は知能熟している頂上の時代で、罪の星の時期にきっとはるかに及ばないです。ロボットが本当に持たなければならないかどうか人類の同じ知恵のようで、少し低級な知能は自主的にすることができるかどうか?全く人類に素直に従うかどうか?手続きは人類の知能程度を制御する宝物で、ウィルスがのが恐らく知能圧迫と束縛を開ける鍵です。”
  “すべて歴史中で埋没(溺れ)させます。唯一確かでの、罪の星の時期に人類はきっと巨大なロボット群体を製造しました。人類は進化するから来て、ロボットは自分で進化のことができるかどうか?多分1個のロボットの計画しかなくて、しかしも十分にすべてを変えます。”
  強い日差し共和国の首都京華星はいくつかの華麗なビルがあって、この中はひとつのその他のビルのような華麗なのがある同じで華麗だ中で普通のなしの珍しいビルに見えます。
  簡潔な事務室の中で飾って、1名の体格は広くて厚い中年この論文を閲覧していて、長い時間やっと面を回転することがあって注視して着目しに来る前の別の1名の白いひとえの中国服の中年:“私に説明をあげます。”
  白いひとえの中国服は中年構想を整理して、何分(か)の学者式のまじめなのを現します:“知能が論争に戦うのがとても長い前に持ったことがある人がいて、しかしすぐ論点を失うのため市場をなくなって、寝返りを打ったことがなくてから。しかしこのものが異なって、作者は確実かつ実行可能な論証方法を出しました。ただ作者の獲得する資料が有限で、適切な証拠を提供することができません。しかし私達はすべて知っていて、これは証拠を探し出すことができるのです。”
  “これ、私達は今とても必要でしたヴィトンコピー。”
  当然で、現在から見に来て、磁石とまだ必然的な関係がないようです。
  人工のスマートライフの感覚とどのような違いがあって、磁石の解答はどのような違いがないのです。彼が能動的でない限り、そうでなければとても少ないの彼を1訓練してと交流して、1つの口数が少ない人工の知恵だと言えます。当然で、磁石は経験していないで、人工の知恵が一体くどくてやはり(それとも)無口であるべきなことををも知りません。
  磁石はとても歴史が好きで、彼が歴史が1条のペンティアムの知恵と経験する河川だと感じるため、小さくささげ持ってすくうのでさえすれ(あれ)ばと、人一生すべて非常に役に立ちます。
  1訓練して疎通を交流したくなくて、磁石も他の人を強制するのに行くようなことはありません。だから、彼の生活の依然として金が儲かる金を使う学習の3時(点)中で止まらないのは旋回します。
  
posted by sherry at 01:59| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。