2014年02月26日

それは私はどうしてするべきで、彼にあなたをめとってもらいますか

“あなたはどうしてこのようにしますか?”

“それは私はどうしてするべきで、彼にあなたをめとってもらいますか?彼にあなたを好きになってもらいますか?”私は声調を高めたから。“あなたは道林が開けて私に対してどう言っているかを知っていて、彼は彼がこれまであなたにいかなるが応対するか励ましをあげたことがないと言って、あの意味つまり、あなたは全く行ってから多情だです!”

見てとれて、私の話は鄒を月がつらくならせて、彼女の差し迫っている呼吸の音がはっきりしていてかぐことができて、そして私は彼女、“悪疾の次の劇薬”のことしかできないのをこのように傷つけたくありませんしかし。

彼女は向きを変えて部屋に向って歩いていって、2歩を行って、突然ふり向いて私を問いただします:“あなたと彼は熟していないで、それは彼はどうしてあなたの手を引っ張って、あなたにかばんを持つように手伝って、また(まだ)そのようにします……あなたをそのように見ていて笑いますか?”

私はぽかんとして住んで、彼女に見えられましたか?しかし私はすぐ我に返って、大声で反駁して言います:“私は高を恐れて、私はいって、彼は手をつけてと関係がなにかありを引っ張りますか?私が彼のこんなに大きいのを手伝ったのが忙しくて、彼は私に包んで関係がなにかありを少し持つように手伝いますか?あなたはまったく神経過敏です!”私はわざと笑う問題を見落としましたブランドコピー

私の気勢は彼女を圧倒して、彼女は多少服しないが、しかしやはり(それとも)あっという間に部屋に帰って行きました。

私は全身力がないで、自分で投げるのをベッドで行って、間もなく、意外にもどっしりと寝ていきます。
翌日、日曜日、私は早朝車に乗って師範大学まで(に)授業を受けます。

午後は言うの監査法で、多すぎる数字、全くわけが分からなくて、同級生のコンピュータを奪い取ったことがあってゲームを打ちます。

突然で、テーブルの上の携帯電話に置いて耳に心地良いベルの音を出して、もうすぐ驚いて目を覚まして何人(か)の同級生の居眠りをして、先生の憎む眼光を引いてきます。失敗して、私は異動になってランクが震動するのを忘れました。私は急いで携帯電話を掛けて切れて、先にこの音楽に止めさせて、ひっくり返ってと電報をつないでいないで、なんと林が開けるのがまっすぐだです。私は彼にショート・メッセージを送っているつもりで、彼の電話はまた入って来ました。私は電話をつなぐほかなくて、頭をテーブルの下でまで(に)あけて、できるだけ音を抑えて言います:“えさをやります。”

“私で、林が開けるのがまっすぐです。”

“私は知っていて、林いつも、用事があるか?”

“あなたはまだ眠っていますか?”

“なくて、私は師範大学で授業を受けますルイヴィトンコピー。”

“授業を受けますか?どんな科目ですか?”

“法律学の修士。”

“それでは授業が終わった後に会いましょう、私はあなたをつなぎに来て、あなたはどこで授業を受けますか?”

“すみません、私は夜にすでに同級生に先生とと一緒に食事をするように誘いました。”私は言うのは本当の話で、夜に確かに会食があります。

“私は時まであなた、つなぎに来ますそれに。”彼は全く私のを放っておいて辞退して、電話を掛けました。

私は腰をまっすぐにしはじめる、伏せて机上であちこち考える、また昨日の小の月の嫉妬し恨む目つきを覚え始めて、私はやはり(それとも)彼が会いと良くないでくださいを決定して、とても行っておよそよいところは何もありません。私は彼に1件のショートメッセージを出しました:“林いつも、確かにきまりが悪くて、今晩私はいくつ(か)の同級生と先生を約束して、私が卒業することができるかどうかに関わって、私は必ず参加しなければなりません。後日また会う機会がありましょうシャネルコピー。”

ショートメッセージが送っていった後に、応対していないで、また一回出してやはり(それとも)応対していません。私は彼は恐らく怒ったのにたくて、副総裁はおよそ会って、また(まだ)行き詰まって、確かに人に腹を立てさせます。

授業が終わった後に、私と同級生は続々と教室棟を出て行って、私がいくつ(か)が誘っているとと一緒に食事をする同級生に行ったのをよった行った後に、みんなの辺は道を急いでどこに食べるかに行きを取りざたしていて、まだ曲がっていないで教室棟の入り口を出て、前の同級生がとても言いが聞こえます:

“これは誰の車で、本当の牛、学区にすべて入って来ることができるように教えます!”
posted by sherry at 18:38| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。