2013年10月22日

洋服とネクタイ対話の芸術purado-supakopi.net人気ブランド通販専門店

洋服は紳士の永久不変のファッションです。それが男達にたくさんを免除するのが面倒で、同時に彼らによくの困惑を持ってきました:どう洋服を着て時間、場所、場所と気持ちを区分しますか?これは洋服とネクタイ対話の芸術です。ルイヴィトン コピー
紳士のネクタイ、その他の外観を比べるでしょう、更に男を左右することができて彼の身分、地位、に対して、個性と能力の印象と感想を使いを信じて、紳士の着たシャツの結ぶネクタイがいくらかあるのが分けて見る皆材料、色がすべて良くてで、しかしいっしょに明らかに人に色がつり合いがとれていないとの感じる資格があって、これは実はとてもまずい状況で、人にあなたの印象に対して分けて急に減少させる。しかし規則を知っているのでさえすれ(あれ)ば、ネクタイを選択組み合わせするのは1件の人に頭が痛くならせる事ではなくて、とても簡単になります. まず、あるいはネクタイが長すぎるのはとても短くて、いつも上品ではない;適切なネクタイの長さ、ネクタイの先端がちょうどベルトバックルに触れるので、多く同じくできないことはできないのが少ない。
ネクタイの長さ、種類がたくさんで、わりに良いネクタイはよく比較的長くて、標準的な長さは55あるいは、56インチです。
適切なネクタイの長さは全く身長によって、およびネクタイを締める方法。
ネクタイの幅ももとても重要で、決して一定規則がないが、しかしほ
ぼ、ネクタイの幅は洋服の折り襟の幅べきですと、組み合わせるのが非常に調和がとれています。現在標準的な受け取る通信容量、4~4.5インチのためネクタイの端の最も広い場所です。それ以外に、1本のネクタイ、広い捧げていないの陰でべきですに比べて、ひとつの持って小さく危ない物(ネクタイピンなど)を垂れて、比較的狭い捧げていないようやく穏やかで順調なことができるのは垂れて下ろして、ネクタイの裏側を下ろしだすようなことはありません。
ネクタイの図案、色がたくさんで、最もよくあるのも最も実用的であるなのデザインで、全く図案あるいは種類のネクタイ、つまり単色のネクタイがないのです。1条の単色のネクタイ、いかなるデザインの洋服あるいはワイシャツとよく合うことができます。派手なワイシャツあるいは大きいチェックによく合ってあるいは、濃い色が広くて縞模様の各種の洋服をまっすぐにするのなのにも関わらず、皆とてもすばらしいです;甚だしきに至っては時には、いくつかのワイシャツあるいは洋服、単色のネクタイによく合うことしかできません。単色の組み合わせはそれは、簡便に適応する範囲が広いのため歓迎させられて、グレーの洋服のようです、ライトブルーあるいは暗い赤色のネクタイによく合います;ひとまとまり高価だ、仕事と材料の最上の洋服、単色のネクタイを付けてあって、ブランドコピー更に華美な材料と精巧な取捨選択を強調することができて、全く人を与えるのも全体の米が大きさのバランスが取れている図案(幾何模様)のネクタイを印刷してある、はそれは、は非常に普遍的にの単色のネクタイとと同じに用途が、とても良い組み合わせの服が広範であるです。このようなネクタイの下色は主な色です。と洋服同色係あるいは補色が結んで組み合わせるのを選ぶべきで、ネクタイの上の丸い点、糸引きあるいは、斜めな色はワイシャツとと同じ色を選ぶに応じて。たとえば、カレッジロイヤルの下色、全く白い考えの図案のネクタイをつけて、白色のシャツを配合するべきで、シャツの白が更にネクタイの上の白に引き立つことができるため、洋服はネクタイの下色の一致するカレッジロイヤルを選ぶことができますと。比較的使うワイシャツは規則正しい図案のネクタイを免れる方がよくて、ネクタイの上の種類のため、全体の図案の秩序を破壊します。通常、図案と色の比較的あでやかなワイシャツ、保守的なネクタイをつけるのにも適しないです。
紳士服のオーダー制中で、正装が言う値打ちがある設計がないと思わないでください、実はスーツがまだワイシャツなのにも関わらず、生地の色、材質、デザイン、手製で裁断するのともあって、およびと襟ぐり、革靴、袖口の待つ組み合わせ、ボタンの数量、袋の位置などの細部設計を表示して、甚だしきに至っては衣服を着る礼儀作法、すべて注意するのです。
posted by sherry at 21:01| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。